2010年08月11日

春・牧場巡りの旅(9)ミホシンザン(歴史的名馬の最高傑作)

 盆休みに入ってゆっくり羽を伸ばしている4492です、どうも。
 
 明日からいよいよ北海道へ牧場巡りです。今回は免許証忘れずに行きたいと思います。明日12日はあいにくの雨ですが何のそのと楽しんできます。目的地は日高町〜新冠〜新ひだか町。分刻みのスケジュールを組んでしまいました。また追々記事載せていきますのでご覧いただければ幸いです。


 またまたGWの更新し遅れ記事です・・・・・。


 「浦河優駿ビレッジAERU」でレンタサイクルを借りて、いよいよ牧場散策に出かけました。浦河町での次の目的地は1964年の3冠馬シンザンの繋養先であった「谷川牧場」です。AERUの近辺は坂があるのですが、そこを抜けると平坦な道ばかり。天気も良かったし意外と快適でした。それに春に生まれた子馬のいる牧場の景色をゆっくり楽しみながら移動し、心を奪ういい風景を見つけると気軽に自転車を降りて撮影したり、自転車での牧場巡りもなかなかです。

 15分程の自転車を南へ漕いでいくと前方に「谷川牧場」の大きな看板発見。その手前の道路沿いの放牧地にミホシンザンがいました。

ミホシンザン3(H22.5).JPG

 鹿毛の馬ですが年齢のせいでしょうか、見た感じ青鹿毛のような毛色で、鬣が銀髪っぽくなっていて、まず見た目に特異性を感じました。なんていうのか・・・・・日本の伝統的なもの・・・・・に感じる純粋な和の雰囲気、そこから醸し出してくる高潔な威厳。(ちょっとおおげさな言い方ですが、)そんな印象を強く受けました。それは日本の歴史的名馬の濃い血によるものか、自分の先入観からかわかりませんが、確かに感じるものはありました。

ミホシンザン1(H22.5).JPG

 今年で28歳、父シンザンの35歳3ヶ月(現在の表記で)を越えて、その姿を見せて欲しいですね。

ミホシンザン2(H22.5).JPG

 谷川牧場にはシンザンの資料を展示した小屋や姿像があり、それを見てから牧場を後にしました。

※ ミホシンザン (牡 鹿毛) 1982年4月16日生まれ
   父:シンザン
   母:ナポリジョオー(母父:ムーティエ)
   生産者:日進牧場   
   戦績:16戦9勝
   主な勝鞍:1985年 皐月賞(GT)
        1985年 菊花賞(GT)
        1987年 天皇賞(春)(GT)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
ここをクリックして1票下さい。
posted by 4492 at 19:09| Comment(0) | 名馬に会いに2010’GW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

春・牧場巡りの旅(8)ダイユウサク<14番人気のグランプリホース>

 夏真っ盛りだというのにGWの話をして申し訳ないですが、このシリーズ久々の更新です。

 浦河優駿ビレッジAERUに繋養されているダイユウサク。1991年の有馬記念は、今でもその頃の競馬ファンの方の話題に上ります。

ダイユウサク1(H22.5).JPG

 単勝1.7倍1番人気メジロマックイーンを直線豪快に差し切った単勝137.9倍のダイユウサク。逃げたツインターボとそれを追い立てたプレクラスニーとダイタクヘリオスの作り出した超ハイペースな流れに助けられたとは言え、あの末脚は強烈でした。

ダイユウサク2(H22.5).JPG

 デビューが3歳秋と遅く、デビュー当時は凡走続き。4歳春に初勝利を上げてから地道に勝利を重ね、勝ち取った7歳でのグランプリホースの座。運も実力の内といいますが、それだけではなく人馬共根気のよい努力の成果ではないでしょうか。こういうドラマもいいですね。

ダイユウサク3(H22.5).JPG

 この牧場に繋養されている名馬の中で、動きが一番活発でした。転んだり起きたり、楽しませてくれました。

ダイユウサク4(H22.5).JPG

※ ダイユウサク (牡 鹿毛) 1985年6月12日生まれ
   父:ノノアルコ
   母:クニノキヨコ(母父:ダイコーター)
   生産者:優駿牧場
   総収得賞金:376,823,600円
   戦績:38戦11勝
   主な勝鞍:1991年 有馬記念
        1991年 京都金杯


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
ここをクリックして1票ください。
posted by 4492 at 08:08| Comment(0) | 名馬に会いに2010’GW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

春・牧場巡りの旅(7) ウイニングチケット<1993年クラシック3強>

 久しぶりにGWの牧場見学記を更新します。

 浦河優駿ビレッジAERUに繋養されているウイニングチケットは今年で20歳。サニーブライアンやダイユウサクと同じ放牧地で、気持ちよさそうに草を食んでいました。同じ放牧地にいる他の馬に比べたらおとなしそうな印象でした。何かのコラムで読みましたが、「叱られるといじけてしまうタイプ」らしいです。

ウィニングチケット1(H22.5).JPG

 1993年クラシック3強のナリタタイシン(皐月賞馬)、ビワハヤヒデ(菊花賞馬)とともにまだまだ健在、長生きして欲しいものです。
 7/25日の函館記念の日にウイニングチケットとビワハヤヒデがイベントで再会するらしいですね。岡部幸雄元騎手や柴田政人元騎手も来場されるらしいですね。ウイニングチケット的には「おっ、久しぶりやん。」ってな気持ちになるんでしょうかね(笑)。

ウィニングチケット2(H22.5).JPG

※ ウイニングチケット (牡 黒鹿毛) 1990年3月21日生まれ
   父:トニービン
   母:パワフルレディ(母父:マルゼンスキー)
   生産者:藤原牧場  
   戦績:14戦6勝
   主な勝鞍:1993年 日本ダービー(GI)
        1993年 弥生賞(GU)
        1993年 京都新聞杯(GU)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
ぜひ1票を。
posted by 4492 at 17:03| Comment(0) | 名馬に会いに2010’GW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。