2012年11月28日

第32回ジャパンカップ(オルフェーヴル)


 約20分間に渡る審議の間、皆さんはどういう思いだったでしょうか。「あんなものは、降着じゃない。」「いや、あの強引なアタックはフェアじゃない。」「あれがなければオルフェーヴルが勝っていた。」「いや、凌ぎ切り先着したジェンティルドンナが勝者であるべきだ。」


1周目−24ジャパンカップ01.JPG


 色んな思いが交錯していたあの時間の中で自分が思い続けていたことは審議の結果などではなく、「競り勝って欲しかった。」という一点。結果が分かっているゴール時のスローVTRが流れる度に「オルフェ行け、負けな。」と声援を送ってしまいそうなくらいその思いは強かったです。


オルフェーヴル−24ジャパンカップ01.JPG

 
 しかし今回のジャパンカップは、3歳牝馬ながらあのオルフェーヴルの追撃を凌ぎ切ったジェンティルドンナと、馬場が良く距離ロスがない内へうまく誘導し絶妙なタイミングで追い出した岩田騎手を讃えるべきだと思います。


オルフェーヴル−24ジャパンカップ06.JPG


 ただ3歳牝馬のジェンティルドンナがオルフェーヴルと最強馬を争う同じ土俵にいるとすれば、走った距離の差、2sの斤量差、直線での不利とオルフェーヴルが色んなハンデを背負ってしまったのもまた事実。「現役最強馬はどの馬だ。」といえば、オルフェーヴルで間違いないと思います。


オルフェーヴル−24ジャパンカップ10.JPG


 それを結果で証明するために、有馬記念へ。最強オルフェーヴルを信じている競馬ファンのみならず競馬を観ているすべての人に、その真の強さを見せつけて欲しいと思います。



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 05:15| Comment(0) | 競馬観戦記録2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

第32回ジャパンカップ−注目馬


 今年のジャパンカップは、オルフェーヴルとソレミアの再戦、3冠牝馬ジェンティルドンナの古馬頂点への挑戦と話題豊富で面白い一戦になりましたが、個人的には圧勝とはいかないまでもオルフェーヴルが勝つ以外考えられないと密かに思っています。


オルフェーヴル−24天皇賞春09.JPG
<2012年 天皇賞(春)>


 またまた試練の大外枠。折り合いに難のあるオルフェーヴルなら後方からの競馬を余儀なくされ、それを想定して思い切った競馬をするライバルがいるかも知れません。しかし、オルフェーヴルには折り合いがついた時の爆発力がある。池添騎手、是非「腹をくくった」騎乗をして欲しいですね。



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 18:46| Comment(0) | 競馬観戦記録2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

レオアクティブ


 前走スワンS、そして本番のマイルCSとスローペースに泣かされ、持ち味の末脚を生かすレースができなかったレオアクティブ。短距離〜マイル路線を歩む3歳の中では、最も活躍して欲しい馬なだけに残念でした。


レオアクティブ−24スワンS01.JPG
<2012年 スワンS>


 しかし、彼が持つ末脚は間違いなく本物。大舞台でその武器が生きる巡りあわせがきっと訪れる気がします。それまで「末脚に賭ける」彼のスタイルを崩さず、その武器に磨き磨きを重ねる。そして我々競馬ファンを圧倒するようなレースを見せて欲しいものです。



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 23:08| Comment(0) | 競馬観戦記録2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。