2011年09月30日

第15回シリウスS−注目馬

 どうも、4492です。

 いよいよ、秋GI開幕ですね。今年のスプリンターズSは、強力な外国馬の参戦で非常に面白くなりました。その相手にダッシャーゴーゴーは悲願を達成するのか、それとも牝馬の代表格カレンチャンが討ち負かすのか、色々イメージが駆け巡ります。

 しかしその前に明日は、ダートの長距離重賞シリウスSが面白い。メンバー構成は若干もの足りないですが、重賞制覇実績のある古馬と勢いのある軽ハンデの3歳馬のどちらが勝つか、なかなか悩ましいです。


キングスエンブレム−23東海S01.JPG
<2011年 東海S>


 そんなメンバーの中で、自分の本命はキングスエンブレム。昨年のこのレースの覇者です。元々実力のある馬は、自分の得意の条件でふいに走ることがあるものです。
 最終追い切りではCWコースで80.7秒を馬なりで。一夏休んで復調気配、においますね。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 22:49| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

イーグルカフェ


〔 2011.9.18 ビックレッドファーム 〕


 競馬ファンのサラブレッドへの思いやりは、与えられた感動と心が癒されたことに対する感謝の裏返しでしょうか。

 その思いやる心は、例えば「夏の終わりの澄み渡る空」を見るように、何者も冒しがたい純真さを感じると共にどこかもの寂しさを感じるのは、「サラブレットと人との関係にある宿命」と「生きられる時間の違い」のせいかもしれません。


イーグルカフェ−230918−01.JPG


 この御守りにこめられた熱い願いとその心は、きっと彼に届いていると思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 22:24| Comment(0) | 名馬に会いに2011’秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ダノンシャーク


 どうも、4492です。

 今年の春に現場勤めから内勤になったせいか、最近二日連続で競馬場に通うと、日曜競馬が終わってからの1時間半かかる帰途はかなり体力的にきつく感じるようになりました。その一種のトラウマがそうさせたのか、先週の土曜日、24日は遅く家を出て、8Rから観戦しました。

 「そんなにくたびれるなら、日曜だけにすれば?」という声が聞こえてきそうですが、そこはちゃんと理由があって、是非見たい馬がいたんです。


ダノンシャーク−23甲東特別02.JPG


 その馬は、11Rのインペリアルマーチでもなく10Rのグルヴェイグでもなく、9Rのダノンシャーク。
 実はダノンシャークが今年早々に未勝利、500万とセンスのある勝ち方をした時に、恥ずかしながら、今年の牡馬クラシック戦線でひいきにする馬をオルフェーヴルかダノンシャークのどちらにするか天秤にかけてました。血統的にもディープインパクト産駒で母父カーリアンと魅力十分でしたし、それぐらいいい馬だと思っていました。


ダノンシャーク−23甲東特別03.JPG


 しかし若葉Sで3着、プリンシバルSで4着と惜しくもクラシックに届かずに残念で、その思いもあり、秋初戦どれだけ成長しているか注目していました。

 この日のダノンシャークは、パドックや返し馬で入れ込んでいたのに力で押し切り勝ち。実力の片鱗を十分見せてくれたレースでした。やはり2000mよりはマイルが合うようです。


ダノンシャーク−23甲東特別01.JPG


 是非自分の目が正しかったこと、それを証明するために。ダノンシャークをこれからもシャニムに応援しようと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 23:09| Comment(0) | 競馬観戦記録2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。