2011年02月28日

第20回 アーリントンC

 こんばんわ。4492です。

 先週の土曜、阪神ではアーリントンCがあり、しかも天気は快晴予報で、次の日の日曜は雨予報。これは行っとかないと損とばかりに観戦してきました。開幕週の荒れた所のない深い芝と、ジャンパーを来ていると汗ばむ程の陽気、そして京都開催ではあまりなかった発汗が多い馬を見ていると、いよいよ春到来の気配を感じた土曜日でした。


ビップセレブアイ−23アーリントンC01.JPG
(ビップセレブアイ パドックにて)

 肝心な馬券もこの陽気のせいか浮つき気味で、アーリントンCの本命はビップセレブアイ。メンバー的に上位拮抗した構成だっただけに、近走不振も新馬戦でレッドデイヴィスやリフトザウィングスを破った実績があるので折り合いさえ付けば1穴開けてくれるのではと狙いましたが、結果は8着。気分よく走っていただけに、完全に力負けの印象。馬券も総崩れとなりました。


ノーザンリバー−23アーリントンC02.JPG
(ノーザンリバー 直線残り1F付近)

 そのビップセレブアイを4コーナーで競り落とすような格好で外から捲くってきたのが、勝ち馬ノーザンリバー。道中中団につけ、徐々に前へ進出。直線に入った頃には、逃げたテイエムオオタカを完全に射程圏内に。追われてからも伸びが素晴らしく、3/4馬身差でしたが余裕のある勝ちっぷりで強かったです。

ノーザンリバー−23アーリントンC01.JPG
(ノーザンリバー 直線残り1F付近)

 ダートで連勝も新馬戦でレーヴディソールの0.2秒差の2着だったので芝も問題ないと思っていましたが、ここまで走るとは思わなかったですね。ダートもよし、芝もよしとくれば、これからのレース選択が非常に楽しみです。春はNHKマイルC、夏はダートダービー、その先は寄りどりみどり。1つのコースにこだわらず、オールラウンダーに活躍して欲しいですね。


キョウエイバサラ−23アーリントンC01.JPG
(キョウエイバサラ パドックにて)

 2着キョウエイバサラ。驚きました。ダートしか走ったことがなく、それもまだ1勝馬。まったく眼中になかったです。父がオージールールズって恥ずかしながら全く知らない馬。「外国産馬で英国で生まれたということは芝向きなのでは」って、そういう読みが必要だったのでしょうか。


ラトルスネーク−23アーリントンC01.JPG
(ラトルスネーク パドックにて)

 あと4着ラトルスネークは、直線、完全に前が塞がりしたね。残り1F付近で前が開いた後は、物凄い脚を使いました。まともなら勝ち馬と好勝負したのではないでしょうか。次走も注目です。


ノーザンリバー−23アーリントンC03.JPG
(ノーザンリバー 表彰式にて)

 武豊騎手は今年重賞初勝利。武さんが大きなレースで勝つと、ホッとしてその後じんわりと嬉しくなる、そんな感覚になるのは自分だけでしょうか。誰が何と言おうが、やっぱり武豊騎手は関西いや日本のトップジョッキーです。デムーロ騎手やリスポリ騎手、関東の内田騎手と激しい競争を演じ、もっとその存在感を示して欲しいですね。

 
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 23:24| Comment(1) | 競馬観戦記録2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

第85回中山記念・第55回阪急杯−予想

 どうも、4492です。

 本日のメインは、中山記念と阪急杯。中山記念はヴィクトワールピサの1強ムードですが、阪急杯は1波乱ありそうで面白いレースになりそう。でも、昨日のアーリントンCのように不意打ちのような穴馬が来れば、お手上げです。

〔第85回 中山記念〕

ヴィクトワールピサ−22有馬記念01.JPG
(ヴィクトワールピサ 2010年有馬記念)

◎・・・・・Hヴィクトワールピサ
 いくら考えても、彼が負けるシーンが思い浮かばず。ここは自分の心に素直に従います。この得意な中山の舞台でぜひ快勝してもらって、意気揚揚とドバイへ向かって欲しいものです。

○・・・・・Bキャプテントゥーレ
 こちらの陣営は逃げ宣言をしていますが、最内の絶好枠に入ったマルカボルトは「ひかえてもいいよ」的なコメント。リーチザクラウンも近走逃げにこだわっていないので、キャプテンのマイペースな逃げで落ち着きそう。ならば、G1取りで見せた粘り発揮です。昨日から小牧騎手が中山へいるのも好感、ここへかける意気込みを感じます。

▲・・・・・Jキョウエイストーム
 中山で3着を外したことのない実績は、驚異的。それも重賞クラスでもきっちり走れています。まさに中山の鬼。調教の動きも良さそうなので、ここはこの相手でも十分やれそう。

以上、ここは3連単Hを1着固定でBJ、JBの2点買いで勝負に出ます。


〔第55回 阪急杯〕

ガルボ−22シンザン記念01.JPG
(ガルボ 2010年シンザン記念)

◎・・・・・Aガルボ
 先行力と粘り強い末脚が魅力のガルボ。今回前残り気味な阪神の開幕馬場で、コースは内回り、逃げ馬不在のこのレースでは、まさにチャンスです。

○・・・・・Iサワノパンサー
 彼も好意で競馬ができる先行力に富んだ脚質で、展開が合いそう。9戦5勝の得意な距離、そして得意な阪神コースならば、昇級初戦でも十分やれるはず。福永騎手が中山記念のマルカボルトではなく、こちらに騎乗するのも注目です。

▲・・・・・Kスプリングソング
 実績上位の馬の中では、1叩きされているので有利。阪神の1400mもGU好走の実績あり。昨年末重賞制覇した勢いを買いたいと思います。

△・・・・・Hコスモセンサー
 昨年のアーリントンCの勝ち馬で、この時期にはきっちり走りそうな印象。前走の1800mで掛かり気味だったことを思えば、距離短縮は+。

注・・・・・Eビービーガルダン・・・今回は逃げ宣言、変身に期待。
      Oケイアイデイジー・・・こちらも先行力期待。
      Dサワヤカラスカル・・・競馬にあまり関係ないですが、パドックをおっとり歩く姿が好きで応援しています。阪神1400mを走り続けている彼女。慣れた舞台楽しみです。

以上、馬券は3連単2頭軸マルチAIで相手はDEHKOでいきます。

ぜひ参考にしてください。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 06:16| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

第20回アーリントンC−予想

 どうも、4492です。

 明日から阪神競馬場開幕。最初の重賞は5月のNHKマイルCへ向けて重要な1戦、アーリントンCがあります。開幕週の馬場なので例年先行馬、内枠有利の結果になっていますが、今年はどんな結果になることやら。1番人気はまだ2戦の実績で鉄板とは言いにくいし、2番人気以下上位馬も拮抗していて、荒れて欲しい自分としては期待してしまう1戦。穴馬はどの馬か予想しました。

〔第20回 アーリントンC〕

ビップセレブアイ−220919新馬戦01.JPG
(ビップセレブアイ 2010.9.19新馬戦)

◎・・・・・Fビップセレブアイ
 レッドデイビィス、リフトザウィングス、ヴィジャイ・・・・・かなりハイレベルだった新馬戦を直線伸び勝って完勝。この時から注目していましたが、その後2000mのレースに出走して折合いを欠くレースが続き凡走。マイルに距離短縮して初戦は直線で前が塞がりレースになりませんでしたが、次走は好走。1600mのペースならまともに走れます。新馬戦でのちのシンザン記念勝ち馬や朝日杯FSの5着馬を力でねじ伏せ勝ったことから、実力はあるはず。その潜在能力に期待します。

○・・・・・Kノーザンリバー
 ダートで2連勝中。それも2戦とも楽勝でした。ダート適正はもちろん高いのですが、血統的にもまたデビュー1、2戦の内容を見ても、決して芝が苦手というわけではないでしょう。久々の芝でダート並のレースができると期待します。

▲・・・・・Hラトルスネーク
 前走の末脚が印象的。OP特別で2着の実績があるロードカナロアのイッタイッタの展開の中で、好位から鋭い脚で並ぶ間もなく差し切った勝ちっぷりは圧巻でした。きっちり折合えば前走の末脚は期待できそう。

△・・・・・Aテイエムオオタカ
 内枠、先行馬有利の開幕馬場で、きっとハナに立つであろう彼に期待します。メンバー的にも自分のペースでレースができそう。

注・・・・・Cカルドブレッサ・・・マイル、コース適性を信頼。
      Eノーブルジュエリー・・・前走マルセリーナに惜敗。
      @スマートロビン・・・素質あり。ただ距離がどうか。

以上、馬券は3連単FKの2頭軸マルチで、相手は@ACEHでいきます。

ぜひ参考に。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
posted by 4492 at 01:55| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。